私たち兄弟を大切に育ててくれた両親の結婚50周年記念に家系図を贈りたい。

2019.8.3 H.K様(40代・東京都) <全系統プランをご依頼>

───ご両親のご結婚50周年記念として家系図を贈りたいという想いでFAMILY STORY®に家系図作成をご依頼いただいたH.K様。家系図作成着手前の段階でインタビュー取材にご協力いただき、家系図を作成しようと思ったきっかけや、ご両親への想いなどを語っていただきました。

両親の結婚50周年記念の贈り物を兄弟3人で考えた

両親の古稀が何年か前に過ぎて、こんどは結婚50周年という話を両親から聞きまして。私には兄と姉がいるのですが、非常にめでたい話なので、両親への記念の贈り物には何がいいのかを兄弟で話し合いました

色々アイデアは出てきたのですが、

  • ファミリーというものを非常に大切にする両親であったこと
  • 祖父が戦争で亡くなって、それがキッカケで父がK家に養子に入ったことを聞いており、K姓という名字のルーツを以前から調べたいと思っていたこと
ということを理由に、家系図を贈るのがいいのではないかという話になりました。

実は、姉の下に兄がいたのですが、生まれたときから病弱で、1週間足らずで亡くなってしまったと聞いています。私は両親からその兄について聞くばかりですから、家系図を作ったら、家族のルーツもわかるし、幼くして亡くなった兄も載るし、家族の全体像もしっかりわかるので非常に良いだろうと考え、家系図を贈るということを兄弟3人で決めました。

家系図作成サービスは1カ月間くらいかけていくつも調べた

いざ両親への贈り物を家系図にすることが決まり、自分で家系図を作るという案もあったのですが、そもそも戸籍を取り寄せる時間がないということで、専門の家系図作成サービスに依頼することにしました。費用感はどうか、出来上がってくる物はどんなものかなど、手探り状態だったので、まずはあらゆる家系図作成サービスをネットで調べて資料請求をしました。7つ8つのサービスに資料請求したと思います。

───そのような中、FAMILY STORY®をお選びいただきありがとうございます。家系図作成サービスを選定する上でどのような点を重視されたのですか?

兄弟での話し合いでは、できる限り費用は抑えたいよねという話は出ていました。とはいえ、両親への記念の贈り物なので、(納品物の質については)ちょっと頑張りたいという気持ちもありました

FAMILY STORY®の料金は、正直少々高いかなと思いましたが、納品物がすごく素敵なデザインだったので、値段相応なのかなと思いました。また、色々調べたサービスの中で、公式サイトのデザインが一番綺麗でちゃんとしていたというところが良かったですね。加えて、Webでアカウントを作っていつでも進捗確認できること(マイページ機能)が御事務所が唯一だったというのが非常にいいなと思いました。

私は法務関係の仕事をしており、知り合いにも行政書士の方がいるのですが、私の経験則上、人によってすごく違いがあるので、サイトで行政書士の方が書いていることを見て、その方の人となりや、信頼できそうな人かどうかを判断します。家系図は士業の方で信頼できそうな方に依頼したいと思っていました。

───納品物やサービス内容と料金のバランス、行政書士の溝口がサイト上で言っていることを総合してご判断いただけたということですね。ありがとうございます。

私たち兄弟を大切に育ててくれた両親への感謝の気持ち

先ほども話しましたが、両親はファミリーのことをすごく大切に考えています。父は島根県出身で、工業高校から電機会社に就職し、地方の工場長を経て、本社で人事教育のようなことをやって、定年を迎えました。10代の頃から日記を欠かさずつけている人で、いまも続いていると思います。さらに毎朝、私たちが起きる前にジョギングやウォーキングをして、書斎で日記を書いて、朝食をとり、仕事に行くという非常に規則正しい生活を送っていました。

母はもともと銀行勤めをしていて、結婚を期に退職。実は持病持ちで、私たちが小さい頃から入退院を繰り返していました。母がすごいなと思うのは、辛いところをあまり見せたくないんでしょうね。家族にはいつも明るく振る舞っていて、大丈夫大丈夫と。母が入院している時は父が慣れない料理をして食事を作ってくれて。

父も40歳くらいの頃に大きな病気をしたりして、両親とも苦労してきたのですが、兄弟全員無事大学まで行かせてくれて、普通に社会へ送り出してくれたので、本当に感謝しています

───本当に素敵なご両親で羨ましいです。家系図のプレゼントはきっと喜んでいただけそうですね。お誕生日とかは何かプレゼントを贈ったりされるのですか?

そうですね。あとは母の日・父の日とか、100%贈れていないのは残念ですが、できる限り贈るようにしています。

───ご両親とはどれくらいの頻度でお会いになるのですか?

両親は実家のある三重県のほうで2人暮らしをしていまして、年に1回くらいなのですが孫を見せに行っています。ただ、普段からSkypeを使ってかなりの頻度でコミュニケーションはとっています

───Skypeでいつでもお孫さんともお話できて、ご両親も嬉しいでしょうね。本当に素晴らしいです。お子様はおいくつなのですか?

長男が6歳で小学1年生、長女が1歳半です。

───可愛い盛りですね。絆の強い、本当に素敵なご家族だということがわかりました。先ほど、FAMILY STORY®のマイページ機能にご注目いただいているとおっしゃいましたが、ご家族の素敵なエピソードを人物単票にぜひ残していただけたら我々としても嬉しいです

家族のエピソードを残せるのはすごくいいです。祖父母や曾祖父母のことをよく知っているのは両親だったりするので、もしいずれ両親が亡くなってしまったとき、確認する術がなくなってしまいますからね

───おじいちゃん・おばあちゃんとの思い出はありますか?

母方の祖父は存命だったので、思い出があります。警察官だったようで、非常に厳格なおじいちゃんでした。ただ、孫には物凄く優しくて、いつもお駄賃くれたりとか。それはすごく覚えています。ここでは言えませんが、父が祖父母のところに「母と結婚させてください」と言いに行ったときにも、祖父らしいエピソードがあったようです

───そのエピソードを経て、ご両親がご結婚された。まさにH.K様につながるご家族の運命を決めた瞬間ですね。ぜひそのような素敵なエピソードを、人物単票にカタチとして残していただければと存じます。

インタビュー終了後の懇談)FAMILY STORY®の将来のカタチ、ほか

今回の家系図は、妻側の家系図は明らかにならないのでしょうか?

───今回はH.K様がご依頼主様なので、その直系尊属を辿ることになります。奥様側は直系尊属ではないため、奥様側を辿る場合は奥様の委任状もいただいて、全系統プランをもう1つ、という形になります。ただ、将来お子様が成人されてご依頼主様になっていただけたら、奥様側も直系尊属になるため、すべて辿ることができます。

奥様)次世代の方が再注文されたようなケースは今まであるのですか?

───今のところまだありませんが、将来的にそういったご注文をいただけたら本望です。将来世代から(あるいは奥様からも)気軽に追加をご依頼いただけるリーズナブルな更新プランをご用意させていただいてもいいかもしれませんね

奥様)家系図のニーズが増えていそうですよね。TV番組でも取り上げられていたり。主人の両親はファミリーというつながりをすごく大事にする人なので、家系図はプレゼントするにはピッタリだねという話をしていました

───おかげ様で、資料請求を含め、かなりの数のお問い合わせを頂いています。今回のご依頼は、ご両親へのプレゼントという形でお手伝いができて大変光栄です。ご両親には家系図を贈ることはもう伝えてらっしゃるのですか?

できる限りサプライズにしたいと思っているのでまだです。結婚50周年記念まで、家族では兄弟だけの秘密事項です(笑)

───承知しました(笑)。我々としてもご両親の喜ばれる顔がとても楽しみです。ぜひまたお話をお聞かせ下さい。本日はありがとうございました。

↑